オレンジ色の便 下痢

オレンジ色の便の下痢はどのように起こるのか

スポンサーリンク

自宅で行える健康チェックとしては、便の状態の確認があげられます。
今は水洗トイレの家庭もかなり多く、便の状態はよりチェックしやすくなっていますので、流す前はよく確認しておきたいところです。
便の固さについてもチェックしておきたいですが、便が柔らかい、水のようなものが出る下痢になってしまうことがあります。
下痢は腸の動きが過剰になってしまうことで起こりますが、食べすぎ、飲みすぎの場合にも起こりますし、ストレスなどで過敏性腸症候群で起きることもあります。
このほかでは最近やウイルスの感染、食中毒や食当たりの場合も異物を早く体外に出そうとしますので、症状が起きやすくなります。
冷えや食べすぎの場合は市販の薬でも対処できることがありますが、ウイルスや食中毒で起きている場合は早めに医療機関の診察を受けることが大切です。
そして水分も体外から多く排出されることとなりますので、脱水にならないよう水分補給もきちんと行っておきたいところです。

スポンサーリンク

便は固さだけではなく、色についてもチェックしておきたいところです。
便の色は黄色、オレンジ、赤褐色、黒褐色など様々な色があります。
便の色をつけるのは胆汁ですが、便がアルカリ性なら黒ずんだ便になり、酸性の場合は黄色っぽくなる傾向にあります。
オレンジ色の便が出ることもありますが、この場合は腸内が弱酸性に保たれていると言えます。
便は固さも大事ですので、硬さもあり快便という場合は問題ないといえますが、オレンジ色の便で下痢が起きている場合はやはり何らかのトラブルが起きている可能性があります。
オレンジ色の下痢の場合は出血で赤味が出ている場合もありますので、症状が長く続いている、改善が見られないという場合は消化器科や胃腸内科などの医療機関の診察も受けてみましょう。
医療機関に訪れた際はいつ頃から便の状態が変化しているのか、嘔吐などのほかの症状が出ていないか、食欲があるかなども伝えておき、すでに何らかの疾患がある場合や薬を服用している場合はそのことも伝えておきましょう。

スポンサーリンク