十二指腸液 うんち臭い 原因

十二指腸液はうんち臭い原因に関係あるの?

口臭が臭いと感じるという人は決して珍しくありません。
もちろん様々なことが考えられるのですが、口臭が気になってしまって人との対話も集中できないということのないように改善することが必要です。

スポンサーリンク

 

【口臭がうんち臭い?】
口臭がうんち臭いという場合に考えられる原因はいくつもありますがその中の一つに便秘があります。
便秘の場合には腸にいつまでも便が留まってしまい、そこから発生するガスが腸に吸収され血液によって肺に届き口臭となると考えられますからこういった場合には便秘を改善することが口臭予防には必要となってきます。

 

【うんち臭い原因に十二指腸液が関係している?】
うんち臭い原因は様々なことが考えられます。またうんち臭いということでも口臭がうんち臭いのか便が臭いのかなどいろいろとありますが、うんちが臭いような場合には便秘などの原因が考えられる他にも十二指腸液が原因となっている場合もありますから臭いだけでなく便の状態も確認しましょう。

スポンサーリンク

 

【十二指腸液が足りない!】
うんち臭い原因の一つ十二指腸液が正常に分泌されていないことがあります。
十二指腸では、胆のうから分泌される胆汁やすい液が流れ込む場所でありこれが十二指腸液となってきますが、これが食べ物と混ざりさらに腸の方に送られて消化吸収がされていくことになります。
ここで胆汁などがしっかり流れてこないと便の色にも変化が出たりします。

 

【十二指腸液が足りない原因は?】
十二指腸液が足りない場合には便の色が変わったりしますが、なぜこのようなことが起きるのかは食べ過ぎや飲みすぎといったことで胆のうの働きが悪くなったりするためです。
暴飲暴食といった原因となることを改善することができれば正常な状態に戻ることもできますから日ごろから食生活などに気を付けることが大切です。
十二指腸は便を作る上でとても重要な働きを行っている場所となります。
この場所が正常に働くことでうんち臭いといったことなどを防ぐこともできまからうんち臭いと感じるようならきちんと原因を考えて改善するようにしましょう。

スポンサーリンク