便器に付く 便 原因

便器に付くのは何か原因があるのだろうか?

うんちは体調を知る上でとても重要なものとなります。
気にしてきちんと状態をチェックしているという人も多いのですが、そのような中には付いてしまうということで心配することもあります。
これも原因を知って改善することもできます。

スポンサーリンク

 

【便器に付くことないですか?】
便器に付くことでなかなか流すことができないということがありますが、こういった場合には掃除が大変になるというだけでなく体調の方も心配した方がよいものとなります。
くっついてしまうということはベタベタと粘着力があるということですから、これを改善する必要があります。

 

【くっついてしまう原因は?】
便器に付くことがありますがこれは、粘着力のある状態になっているということですが、この原因と考えられるのが食物繊維の不足があります。
他にも肝臓や胆のうの働きが正常でなくなっているということも考えられます。
付いてしまって嫌だなと考えるだけでなく自分の体調を心配してみることも必要ということになります。

スポンサーリンク

 

【食物繊維が不足すると便器に付く?】
便器に付く原因の一つとして考えられるのが食物繊維の不足があります。
食物繊維が不足しているということは、うんちの中の脂肪の量が増えることになりますが、この脂肪がベタ付きの原因となり便器に付くことになります。
食生活の問題もわかるということになります。

 

【便器に付く原因が肝臓や胆のうにある?】
肝臓や胆のうが弱っているような場合に、便器に付くということがあります。
これは肝臓や胆のうの機能が弱ってしまっているためには脂肪を分解する働きが弱ってしまったり、腸で吸収することが難しくなってしまったりすることがあるためです。そのような状態の場合には気を付けるようにしましょう。

 

便器に付くということでも原因となることはあります。ベタつく場合には決して健全な状態ではありませんから食生活など見直してみることも必要となります。体の状態を知る上での目安にもなるものですからチェックしましょう。

スポンサーリンク