お酒飲むと 便が臭い 原因

お酒飲むと便が臭い原因とは

お酒飲むと便が臭い原因はどのようなことにあるのでしょうか?
お酒の成分が体に悪いものに変わったのでしょうか?
便が臭いと不安になりますが、実はお酒を飲むと必ずどんな方であっても便っは臭いと感じるようになります。
このサイトではその原因を解説していきます。

スポンサーリンク

 

【お酒飲むと便が臭い原因】
お酒飲むと便が臭い原因ですが、これは肝臓が深く関与しています。
お酒飲むとアルコールがアセトアルデヒドに変化してそれが酢酸に分解されます。
この反応を行う臓器が肝臓です。肝臓の働きが活発になると積極的に胆汁が分泌されるようになります。
胆汁は独特の臭いをもっており、これが便に混じることになると異臭を放つようになります。
かなり強烈な臭いなので、洗濯しても落とすことが出来ない場合もしばしばです。
結果としてお酒を飲むと便が臭いことになります。胆汁の分泌が盛んであるのは肝臓の働きが正常であることなので、心配することはありません。
つまり、周囲の人も胆汁の臭いが原因で、お酒を飲むと便が臭い症状に合うことになります。

スポンサーリンク

 

【肝臓に負担をかけない】
お酒飲むと便が臭い原因は胆汁なので特に心配はありませんが、これはお酒をいくら飲んでもいいということではありません。
頻繁にお酒飲むとすぎは肝臓に大きな負担をかけることになり、肝機能障害の可能性が出てきてしまいます。
過剰にお酒飲むと肝臓ガンのリスクを増加させてしまう可能性も出てきてしまいます。
また、飲みすぎて代謝されなかったお酒は体の中に脂肪として蓄積され肥満の原因になってしまうこともあります。肥満は生活習慣病のリスクを高めてしまいますので、お酒の飲みすぎには注意が必要といえます。

 

お酒は百薬の長と言われており、健康増進効果があるのは言うまでもありませんが、飲みすぎてしまうとマイナスの効果も出てきてしまいますのでその点は注意しなくてはなりません。しかしながら、お酒飲むことによって便が臭くなるのは健康と全く関係のないことなのです。

スポンサーリンク