断食 柔らかい便 臭い 原因

断食によって、柔らかい便と臭い特徴が出てしまう原因

スポンサーリンク

断食は、ダイエットや体調を整える意味でも多くの人の間で流行っています。
長い断食は危険ですが、短期間であれば確かに胃腸を休める働きがあり、デトックス効果も期待できるので体にはいいかもしれません。
ただし、これを行う場合は体調のいい日に限り、正しい方法で実践していく必要があります。
この断食中または終わった後に、普段の排便とは明らかに違う状態になる可能性があります。
それは柔らかい便が出てくるようになり、しかも臭い特徴があります。
今までそのような経験があまりない人にとってはびっくりしてしまうかもしれませんが、この場合で考えられる原因とは何なのでしょうか。
下痢をしているわけでもなく、何も食べていないのにいつもより臭い便が出てしまうと非常に気になります。
実は、柔らかい便や臭いといった特徴には、断食によって引き起こされる原因があるのです。
それは決して悪い場合のものではなく、ごく自然な現象として見ることできます。
断食では、何も食べていない分消化する働きも少なく、それによって消化しやすくなったと考えられます。
そして臭い便は、腸内に溜まっていた宿便である可能性が高いことも原因として挙げられます。

スポンサーリンク

普段から柔らかい便とは反対の硬い便が出てしまう人は、胃腸の消化が悪いために便が硬くなってしまいます。
胃腸の消化が悪くなる原因は、野菜不足によって肉類の消化に時間がかかり硬くなってしまうからです。
また、食べ過ぎの場合でも胃腸の消化は悪くなってしまうので、結果的に硬い便になる傾向があります。
しかし、断食をすれば消化する食べ物がなくなり、胃腸の働きに負担がなくなります。
それがかえって胃腸の働きを活発にしてくれるため、次に食べたものがスムーズに消化しやすくなるのです。
その影響で柔らかい便となるので、特別に不調を起こしているわけではありません。
断食後はしばらくはこの柔らかい便が続くと見られます。
そして、便が臭い原因では、それまで腸に溜まっていた宿便が断食の効果で排出されるので、今までの便とは違う異変が起きやすくなります。
宿便とは、便秘によって排出されずに腸壁に溜まっていた便です。
便は時間の経過とともに、臭いがきつくなってくるようになります。
便秘が続いた後に排出された便は臭い特徴を持ちますが、宿便もこれと同じです。
柔らかい便や便が臭い特徴には、このような原因が隠されていたのです。
それまでと比べていかに体によくない状態であったのかがわかるので、柔らかい便や臭い便の異変は健康になった証でもあります。
断食によって起こる変化には他にもいろいろなことがあり、その原因を探ると新たな発見が生まれます。

スポンサーリンク