紫野菜ジュース 黒い便 原因

黒い便の原因は紫野菜ジュース

スポンサーリンク

黒い便がでると何かの病気かもしれないと思い不安になる人もいるでしょう。
確かに、黒い便の原因には病気があることも少なくありません。
胃や食道などからの出血があると、出血した血液が酸化して黒い便がでることがあります。
腹痛や胃もたれ、腹部膨満感や下痢などといったなんらかの症状がある場合は病気の疑いがあります。
病気にしても、単なる炎症なのか、胃ガンや食道ガンなどの重大な病気なのかは検査をしてみないとわかりません。
そのため、早期に内科を受診することをおすすめします。
しかし、心配のない場合もあります。
その一例が紫野菜ジュースを恒常的に飲んでいる場合です。
紫野菜ジュースには、多くの場合ナスやぶどう、カシスやアサイーといった紫の果実や野菜が含まれています。
紫野菜ジュースという形に加工されているため、通常摂取するよりも高濃度に含まれているため、栄養素も凝縮されています。
そのため、こうした紫の野菜に含まれているアントシアニンやポリフェノールが便に出てくることがありうるのです。
紫野菜ジュースを飲んでいて黒い便がでるようなら、紫野菜ジュースが原因と考えてもよいでしょう。

スポンサーリンク

ただし、紫野菜ジュースを飲んでいる場合でも、ほかになんらかの症状がある場合は病気が原因かもしれません。
痛みや不快感などがなければそこまで心配はいりませんが、あまりに黒い便が続くようなら一度診てもらう方がよいでしょう。
ストレスも胃腸にはよくないので、心配を抱えているとそれが新たな不調の原因になりかねません。
また、黒い便となる原因には、ほかにもコーヒーや紅茶の飲みすぎなどもあります。
これはタンニンやカフェインが原因です。
こうした習慣がある人が紫野菜ジュースを多めに飲むと黒い便がでやすいです。
毎日飲む人だと毎日便が黒いということもありえますが、この場合は原因がはっきりしているので心配はいりません。
特に子どもの場合、消化機能が未熟なため、食べたものの影響がでやすいです。
そのため、こうした色の付いた飲食物をとるとすぐに便に反映されることも少なくありません。
親はびっくりするかもしれませんが、子どもの様子をよく観察して、機嫌がよく食欲もあるようならばそこまで心配しなくても大丈夫です。
日頃から便の色に注意しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク