体臭うんこくさい 原因 病気

病気に繋がる体臭うんこくさい原因と対策

スポンサーリンク

体臭うんこくさい原因を探ると見えてくるのが宿便となる便秘にあります。
そのまま放置することにより悪玉菌が活発化し、有害な物質を放出し、発ガン性となる病気に繋がるケースも出てくるために早い段階での対策が必要となります。
現代人の多くは便秘に悩まされていますが、長い間腸内に便が留まることによりニオイが発生し、口をはじめとする身体のあらゆる毛穴から漏れ、体臭うんこくさい、いわゆる便臭へ繋がります。
原因は腸内環境の乱れを挙げることができ、便秘により悪玉菌が活発化してガスが発生されますが、ガスのニオイ自体も食べ物によって異なります。
うんこくさいニオイは食物繊維と密に関係しており、腸内で吸収されない食物繊維というのは便として排出されますが、水分を含むことで便が膨らみ、腸内を刺激しながら排出されています。
食物繊維を摂取しなければ刺激が腸にうまく伝わらず、便秘となり宿便が溜まり、独特の体臭を身体から放ちます。

スポンサーリンク

体臭の対策としてはもちろん、腸の病気に繋げないためには腸内環境を改善させる食生活に着目することにポイントがあります。
肉類やジャンクフードなどの食べ物は腸内に炎症やガスを発生させる悪玉菌が最も好むため、腸に負担となります。
さらに便をスムーズに排出させる蠕動運動も促されずに便秘に繋げてしまうため、食物繊維をしっかり摂取する食事が大切ですし、ビタミンCの相乗効果で体臭対策が手軽に行えます。
ジャンクフードなどはガス自体も臭く、食物繊維を好む善玉菌を活発化させることにより、臭わないガスへ変えることにも繋げることが可能です。
そのためには、乳酸菌などを含むヨーグルトを摂取することも重要です。
また、ヨーグルトに大根おろしと蜂蜜を加えることにより、腸内環境が改善でき、便秘知らずの活発な腸へと導くことが可能で、加齢臭などと異なる体臭であるため、うんこくさい対策としては便に着目することが肝心となり、ストレスも便秘に繋がるために日々のライフスタイルを見直すことも同時に求められます。

スポンサーリンク