下痢 血 オレンジ便 原因

下痢、血やオレンジ便が出る原因と対処法

スポンサーリンク

下痢をしたことがない人というのは、あまりいません。
これは単なる体調不良や風邪が原因で引き起こされることが少なくないからです。
そのため、原因が明らかな下痢だと、それになってもあまり気にする人はいません。
市販薬でも治療できますし、どうしても不安だというのなら、病院へ行って処方箋をもらえば住むからです。
しかし、下痢をしている上に血やオレンジ便が出ているとなると、注意が必要になります。
これは単なる体調不良や風邪では起きるはずのない症状だからです。
血やオレンジ便を伴う下痢となると、一番疑わしいのは食中毒です。
これは夏場に痛みやすいものを食べたらそうなった、というのであれば、まず間違いありません。
血やオレンジ便を伴うタイプの食中毒だと、大したことはないと高を括っていると、あっという間に症状が悪化する、ということが珍しくありません。
そのため、常備薬での対処が困難だと判明した段階で、専門医の診察を受けるようにしましょう。
このとき、水分補給を怠ると、よりまずい状態になりがちです。
嘔吐が原因で水分補給が難しいのなら、点滴を頼むようにしましょう。

スポンサーリンク

下痢をしてオレンジ便が出たとなると、何かしらの病気になったのではないか、と考える人が少なくありません。
しかし、ただ慌てるだけでは意味がないので、日頃の食生活を振り返るようにしましょう。
これはオレンジ色をしたものを積極的に食べていると、便にもその色が移ることが多いからです。
そのため、下痢をしてオレンジ便が出ても、それが食中毒などではない限り、単なる食べ過ぎの可能性があります。
下痢をして血が出る場合は、痔を患っている可能性があります。
出血の原因が痔なのであれば、その治療を受けるようにしましょう。
ただし、血が出る原因としては、大腸ガンなどその他の病気の可能性もあるので、それを確認した段階で健康診断などを受けた方が賢明です。
下痢なしでもオレンジ便が出る場合があります。
それはオレンジ色をした食品を直前に大量摂取している場合です。
先にも説明したように、便に変わった色がつく場合は、その原因が食生活にあることが多いのです。
便は身体の状態を示すものです。
そのため、血やオレンジ便が続くようなら、その原因を追及するようにしましょう。

スポンサーリンク