ロキソニン 副作用 腹痛 下痢

ロキソニンの副作用である腹痛や下痢を抑えるには

スポンサーリンク

風邪や痛み止めとして処方されることが多いロキソニンですが、体質によっては副作用を引き起こす事があります。
主にロキソニンを服用することで発症してしまう副作用としては、消化器系の問題があります。
例えば、腹痛や下痢です。
ロキソニンは、頭痛鎮痛剤の中でも、かなり強い薬として分類されており、医師の処方がないと出してもらえませんし、市販薬であっても第一類医薬品に分類にされているため、薬剤師がいなければ買えないほど管理が厳重になっています。
通常、ロキソニンなどの強い薬を服用する場合、食後が指定されます。
これは、副作用が出にくくなるようにするために食後を指定しているのです。
空腹時に、強い薬を飲んでしまうと、胃の中が荒れてしまい、腹痛や下痢を引き起こす原因になりかねません。
出来るのであれば、バナナなどを口にしてからロキソニンを飲むと副作用の発症率を下げることができます。
また、万が一、副作用を発症してしまった場合は、直ちに服用をやめ、医師または薬剤師に相談するようにすると良いでしょう。
自己判断で服用を続けると、かえって悪化させる原因になりかねません。

スポンサーリンク

ロキソニンの副作用が出た場合、直ちに服用をやめ、医師または薬剤師に相談すると良いのですが、ヨーグルトなどの整腸作用があるものを食べることも良いでしょう。
整腸作用のあるものを食べることにより、腹痛や下痢を抑えてくれます。
また、ロキソニンが処方された時に、医師に「胃の粘膜を強くする薬もほしい」といえば、数種類処方して貰える場合があります。
これらの薬と一緒に服用することで、副作用である腹痛や下痢を抑えられる場合があります。
基本的に、ロキソニンは副作用である腹痛や下痢などは、起こしにくい薬として知られており、安全性も高いと言われています。
しかし、中には体質などの関係で腹痛や下痢を引き起こす方もいます。
通常であれば、腹痛や下痢は、1日程度で治ると言われていますが、それでも治らなければ必ず医師または薬剤師に相談するようにしてください。
副作用が重篤化すると、症状が悪化する恐れもあります。
服用前には、なにか口にすると良いのですが、あまり食べられない状況にあるというのであれば、多めの水または牛乳を飲むと良いでしょう。

スポンサーリンク