手についた 便臭 消す方法

知っておくと便利、手についた便臭を消す方法

スポンサーリンク

幼児のおむつ替えや高齢者の介護など、排泄のお世話をする人は多いかと思われます。
このときに便が手についてしまう場合もあり、急いでおむつ替えをするようなときは仕方ないのかもしれません。
しかし、その後に便を落としても手についた便臭がなかなか消えないという事態はよく起こります。
石鹸を使ってきれいに洗ったはずなのに、やはり微妙に残ってしまう便臭は気になるものです。
そのまま料理をしようとしても抵抗がありますし、人に会う場合も臭わないか気になってしまいます。
このような手についた便臭を消す方法には、ある工夫を試していく必要があります。
便臭は人によって異なりますが、乳酸菌の数が少ないほど臭うと言われます。
大人の場合は特にそうですが、そのようなときに手についた便臭を簡単に消す方法があればとても便利です。
その対策の1つとして、消臭効果のある石鹸を使って消す方法があります。
これらはハンドソープや液体として販売され、手洗い用として使えるようになっています。
魚をさばいたときに生臭くなる手を洗うための洗剤ですが、手についたしつこい臭いには効果も大きいです。
臭いを簡単に消す方法として知られており、消臭成分が臭いを抑えていってくれるのです。

スポンサーリンク

他にも試していきたい消す方法は、酢やレモン汁を使った対策です。
酢は酸性となっており、アルカリ性の臭いに対して消臭効果が発揮できます。
アルカリ性の臭いには、タバコや尿などのアンモニア臭があります。
便臭に対しても効果的な働きとなるので、試していきたい方法です。
また、レモン汁も消臭効果があり、レモンが含むビタミンCに細菌の増殖を防ぐ働きがあると言います。
柑橘系の中でも特にレモンが消臭効果には優れているので、手についた臭いを消す方法としては最適です。
酢やレモン汁は香りや成分が強力なため、水で薄めて使っていくといいかもしれません。
最後に、臭いを消す方法として基本となることに、熱湯で手を洗っていくと臭いも落ちやすくなります。
熱湯には殺菌作用の他に、臭いを分解する働きもある程度は持ちます。
手についた便臭がひどければ熱湯にしばらく浸してから洗っていくと、便臭も落ちやすくなります。
その他に、おむつ替えに余裕があればなるべく手袋をつけていくのもいい方法です。
介護士などのプロであれば手袋をつけての介護は当たり前となり、菌の感染防止にもなります。
手袋は使い捨てのものが大量に販売されてあるので、これであれば手につくことはありません。
手についた便臭がなかなか落ちないと困っているときは、以上のような消す方法を試していくといいでしょう。

スポンサーリンク