幼児 うんち どぶ臭 原因

幼児のうんちがどぶ臭くなる原因とは

スポンサーリンク

幼児のうちは、トイレトレーニングやトイレが上手くできないなどの理由で、親がお世話をすることも多いと思われます。
そのようなときは幼児のうんちをチェックする機会にもなりますが、うんちがどぶ臭いと感じたようなことはないでしょうか。
もともと幼児は大人と比べても臭いはあまりせず、特に乳児はほとんど臭いません。
その理由は、乳児は乳酸菌の量が一番多いため、うんちやおならはほとんど無臭です。
ただし、離乳食を始めるようになり、だんだんといろんな食材が食べられるようになるとうんちも硬くなり、臭うようになってくるのです。
少々うんちが臭う状態であっても、いつもとは違ってどぶ臭い状態であれば気になります。
何か変な物を食べたのではないだろうかと親としては心配になりますが、どぶ臭い臭いがする原因とは何なのでしょうか。
その原因は大人にも当てはまることですが、腸内環境が乱れていると考えられます。
つまり、幼児の場合は食生活の影響が強く出ています。
大人であれば、これに加えて運動不足やストレスもどぶ臭い原因となります。
幼児の場合で考えられる食生活には、栄養バランスの乱れが原因と疑われます。

スポンサーリンク

幼児の頃は偏食が目立つような場合も多く、好きなものばかり食べるような子も少なくありません。
親の立場としては好き嫌いのない食生活を送ってもらいたいのですが、何でも食べれるような子は逆に珍しいくらいです。
特に野菜嫌いが目立つという子が多く、食べやすいたんぱく質などに偏ってしまう場合もあります。
この野菜が少なくてたんぱく質が多い偏った食生活が、うんちをどぶ臭くしてしまう原因となるのです。
肉類などのたんぱく質を取り過ぎてしまうと、腸内で悪玉菌が増えてしまいます。
悪玉菌こそがうんちをどぶ臭くしてしまう原因であり、このような状態が続いてしまうと体臭にもどぶ臭い影響が及んでしまいます。
これを解決していくには、野菜をなるべくたくさん取り、たんぱく質の量を減らしていくことです。
乳酸菌を含む発酵食品を多く取る方法も、善玉菌が悪玉菌を減らしてくれる効果があるので臭いも軽減されます。
幼児のうちは無理に野菜を食べさせることができなくても、調理の工夫次第で野菜を食べてもらえるようになれます。
うんちの状態は日々の健康状態が読み取れるので、異常を感じたらその原因を探っていくといいでしょう。

スポンサーリンク