便に油 オレンジ 原因

便に油が浮かぶ、オレンジ色になる原因

スポンサーリンク

排泄物はその人の健康状態を示す要因の一つになります。
そのため、排便後にその様子を確認するのは、健康に気を遣うことにも繋がるのです。
便に油のようなものが浮かんでいるというのであれば、消化器系の病気が疑われます。
消化し損ねたそれが一緒に排泄されている可能性があるからです。
この場合は原因が明らかなので、それを専門としてしている医師の診察を受けるようにしましょう。
治療に取り組んだら便に油が浮かばなくなったというのであれば、それに間違いありません。
便に油が浮かぶ原因としては、胃腸の弱さもあげられます。
こちらは病気ではなく、その人が生まれつき持っている体質が影響している場合が多いのです。
こういう人は下痢をしやすく、その際にオレンジ色をした便を出すこともあります。
便の色がオレンジ色と言えば、始末の悪い病気になったのではないかと考える人が少なくありません。
しかし、普段からオレンジ色をしたものをたくさん食べている人だと、便にその色が移ることがあります。
そのため、日頃の食生活を振り返るだけで原因を突き止めることができます。
慌てないようにしましょう。

スポンサーリンク

便に油のようなものが混ざる原因としては、体調不良もあります。
胃腸は人体の中でもストレスに代表される外圧に弱い部分です。
このため、仕事関係でのトラブル、家庭内でのいざこざなどが、胃腸に強い圧力をかけ、便に油のようなものを出させる原因となるのです。
この場合は、そのストレスの原因となっているものを取り除くようにしましょう。
そうしたら便に油のようなものが混ざらなくなったのなら、もう心配はいりません。
便がオレンジ色になる原因としては、食中毒も考えられます。
これは夏場に起こりやすい話です。
下痢をしたと思ったら、オレンジ色をした便が出始めたというのであれば、即座に専門医の診察を受ける必要があります。
オレンジ色の便を続けて出しているときは、水分補給が必須となります。
それを怠ると脱水症状を起こしてしまうからです。
下痢だけではなく嘔吐もあり、水分の経口摂取が難しいのであれば、点滴による治療に切り替えましょう。
このように、便に油のようなものが混ざったり、オレンジ色になるのにも理由があるのです。
それを踏まえた上で、急場に備えるようにしましょう。

スポンサーリンク