便 ニンニク臭い 原因

便がニンニク臭いその原因

スポンサーリンク

体の健康状態がはっきりと表れる便ですが、毎日きちんと観察しているでしょうか。
臭いや色、形など毎日観察することで日々の健康状態をチェックし、自分の体調管理にも役に立つことは間違いありません。
便を毎日見るなんてと思う方もいるかと思います。
また、他の人のを見たことないので、比較のしようがないと思う方もいるかと思いますが、毎日見ることで、きちんと自分の体を知るいい習慣だといえます。
例えば、毎日見ていると、色が微妙に違ってきます。
その原因は摂取した水分量などによるものです。
水分量が極めて多い場合には、腸内に蓄積された便が排出され、黒ずんだ色をしています。
中途半端に水分の摂取をした時には水っぽい黄色い物が排出されます。
極端に赤っぽかったり、白っぽい場合には病院を受診したがよい場合もあります。
どちらにせよ、きちんと毎日観察しておけば、自身の体の異常に早く気が付くことができますので、必ず流す前にチェックするようにします。
水に浮いているか沈んでいるかでも判断できることもありますので、一度専門の先生に相談するか、調べることをお勧めします。

スポンサーリンク

臭いについては、前日、または直前に食べたもののにおいがきつく残る場合があります。
例えば、アルコールを大量に摂取した後の尿にはアルコールが含まれて、アルコールっぽい臭いになるのと同じで、便もきつい臭いの食べ物の臭いは持ってきてしまいます。
主なにおいの原因となる食べ物は、納豆、キムチ、ニンニクなどです。
中華料理屋、焼き肉の後もそのような臭いが残ります。
特にニンニク臭い場合は、排泄した本人もわかりますが、そのトイレを次に使う人がニンニク臭い何とも言えない中で排泄をしなければならなくなります。
何とか臭いけしを行おうとするのですが、ニンニク臭い空間はどうしても改善されず、仕方がないというしかありません。
一番はニンニクを食べないようにすればよいのですが、そういうわけにもいかないので、なぜ臭くなるのか原因をきちんと理解したうえで、排泄する人も、次に排泄する人もそれぞれに理解が必要なのかもしません。
どちらにせよ、体の調子を表す便ですので、食べたものがそのまま形を変えて出てくるものと理解し、毎日の観察を行うことをお勧めします。

スポンサーリンク