うんち臭い 悪玉菌

うんち臭いが悪い場合は腸の悪玉菌が原因

スポンサーリンク

排便やうんちは健康のバロメーターとも言えます。
毎日排便があれば、当然腸が健康であると言えます。
またうんちの色も綺麗な茶色で強烈な悪臭も見られなければ体全体が健康であるとも判断できます。
しかしうんちが臭い場合や色が悪い場合には体の健康を疑わなければいけません。
また毎日排便がないことも健康ではないと断言できます。
うんちの臭さは腸の不健康を顕著にあらわしています。
腸内環境が善玉菌ではなく悪玉菌で満たされていることを示しており、腸が非常に弱っている状態であると判断することができます。
このように腸が弱り、うんち臭いが悪臭になっていると他にも影響を及ぼすことになります。
それは体の免疫力や抵抗力が低下することになります。
すると次第に風邪やインフルエンザに感染しやすくなってしまいます。
そのため腸の弱りは万病の元とも言われ、改善することが早急に求められます。
まずは食生活を見直し、改善することが何よりも求められます。

スポンサーリンク

腸内環境を悪玉菌から善玉菌の好環境に整えるには、食生活を改善することで簡単に実践できます。
悪玉菌をやっつけるには、食物繊維や発酵食品が非常に有効だと言われています。
そのためごぼうやかぼちゃ、レタスなどといった野菜を中心にした食事メニューを心がけたり、漬物やヨーグルト、納豆などといった発酵食品を積極的に摂取するのも良いでしょう。
すると悪玉菌がやっつけられ善玉菌の好環境になっていきます。
またこうした食生活が難しい場合は、酵素ドリンクなど健康食品を食生活に取り入れるのも良いでしょう。
酵素ドリンクなどは豊富な緑黄色野菜と果実の凝縮発酵食品であり、食物繊維と発酵食品を一気に摂取でき効果的に腸を善玉菌の好環境に整えてくれます。
またこうした酵素ドリンクを習慣化して飲めば長年悩まされていた便秘症が改善され、スムーズに排便が起こりうんち臭いに問題がみられなくなります。
また酵素ドリンクは食事との置き換えダイエットのファスティングにも有効で、宿便などを全て体外に排出する効果も期待できます。

スポンサーリンク