赤ちゃん うんち ドブ臭い

大人も赤ちゃんもうんちがドブ臭いのは腐敗が原因

スポンサーリンク

うんちがドブ臭い原因は、腸内で起きた腐敗が原因です。
腐敗により発生するジメチルサルファイドという物質がドブのような異臭を放つもとであり、この物質が発生する原因は腸内環境と関係があります。
そのため、うんちからトイレで排泄したものが流れていく場所と同じ臭いがすることは考えられないことではないのです。
しかしドブ臭さを発生させるジメチルサルファイドは、悪い腸内環境が原因です。
排泄された物や水が時間をかけて流れていくドブから臭うのは分かりますが、出たばかりの便から臭うのは異常が疑われます。
うんちがドブ臭い時には、腸内環境を良くする食事を心がけると良いです。
乳酸菌の摂取や、腸内フローラを意識した食事をすると改善できるとされます。
食事ではなく、ミルクを主食としている赤ちゃんでもドブ臭いうんちが出ることがあります。
赤ちゃんの腸を含めた臓器はまだ完璧にはできあがっていないので、便が腸内にしばらく留まることがあるとされます。
便の腐敗が腸に便がしばらく滞在することで起きるので、赤ちゃんのうんちからドブのような異臭がした場合はその便が赤ちゃんの腸に長く留まっていた可能性があります。

スポンサーリンク

成長と共に異臭を放つ便が出なくなったり、ドブ臭い便以外の不調がみられない場合は特別な問題はないとされます。
便の異常と発熱や体調不良が同時に起きている場合は、要注意です。
体内で炎症が起きている可能性があるので、検査を受けることをおすすめします。
赤ちゃんのうんちは健康そのもので何の問題も現れないと思われがちですが、まだ未熟な体内構造であることから問題は起きやすいといわれます。
ある程度成長した子どもや大人の場合は、食事が大いに関係しています。
食物繊維や乳酸菌を意識しながら、栄養バランスの整った適量の食事が大切です。
注意したことは、食物繊維の種類と乳酸菌の種類です。
食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性は便の量を増やしますが過多になると便が硬くなります。
水溶性は便を出しやすくする作用がありますが、過多になると下痢の原因になるとされます。
乳酸菌は種類がとても多く、販売されているヨーグルトもメーカー独自の乳酸菌を配合しているので同じ乳酸菌を使用しているメーカーはないです。
人は個人で合う乳酸菌と合わない乳酸菌があるので、いろんなヨーグルトを試してみると良いと思います。
また日本人に向く乳酸菌は味噌に存在しているので、ヨーグルトより味噌の方が日本人の腸には効果があります。

スポンサーリンク