うんち 甘い匂い 原因

うんちから甘い匂いがしたら

スポンサーリンク

うんちからは、さまざまな臭いがでてきます。
健康状態を判断するうえで、役立ちます。
嫌な臭いになっていれば、それだけ腸内環境が悪化しているといえます。
ただ、人によっては甘い匂いになってしまうこともありえます。
甘い匂いがした場合、糖尿病になっている可能性があります。
しかし、その場合は体臭などにも甘い匂いがでてきますので、うんちだけの場合は可能性は低いです。
うんちは、食べたものによっても臭いはかわります。
砂糖などを多めにとっているなど、原因が分かれば甘い匂いがでても慌てる必要はないです。
ただし、甘い匂いであっても強くなっている場合は病気が隠れているかもしれませんので、一度病院で診てもらうとよいです。
栄養バランスのとれた食事をして、消化に良いものや腸内の調子を良くしてくれる食品を摂取すれば、嫌な臭いになることはありません。

スポンサーリンク

うんちの形にも気をつける必要があります。
下痢が続いているなど、固形状になっていない場合は、腸内の状態が悪くなっています。
腸内環境が悪くなっていれば、当然体調も悪くなります。
甘い匂いのうんちであっても、きちんとした形になっていなければ食生活を改善する必要があります。
また、色も確認しておくとよいです。
こげ茶色や黒くなっている場合、腸内の悪玉菌が増えている可能性が高いです。
善玉菌が多い状態ならば、黄色に近い色になるといわれています。
腸内の状態が悪い可能性がでてきたら、医師に相談するところから始めるとよいです。
何もしなければ、腸内環境は悪化してしまう可能性が高いです。
できるならば、日頃からうんちを確認しておけば体の調子がいいか悪いか判断しやすくなります。
早く気づければ病気を発見しやすくなり、また改善もしやすいです。

スポンサーリンク