便 粘り 臭い

便の粘りや臭いについて

スポンサーリンク

トイレに行ったときに排泄物がいつもとは違うと感じることがあります。
たとえば排泄物が便器にこびりつくというようなことがあります。
排泄物がこびりついて上手に流れなかったり、トイレットペーパーで何度拭いてもおしりがきれいにならないというようなことがあります。
このような状態には次のような原因が考えられています。
それは排泄物の中西棒がたくさん含まれていると言うことです。
肉類にはたくさんの脂肪がありますが、この状態は非常にべとべとしています。
食べ物の中にはこのようにたくさんの脂肪が含まれているものがありますが、この脂肪がしっかりと体の中で消化されることで、排泄物の粘りも少なくなります。
しかししっかりと消化することができないとベタベタとした状態になってしまいます。
なぜこのようにベタベタとした状態になっているのかというと、ここで考えられるのは、焼き肉などの脂っぽいものをたくさん食べたと言うことになります。
こうなると体にたくさんの脂肪分が入っていきます。

スポンサーリンク

体の中にたくさんある脂肪分を消化しきれないので、排泄物にたくさんの脂肪分が含まれると言うことになります。
またこのほかには病気が関係していることもあります。
それはすい臓や肝臓の機能が低下していると言うことです。
これらの臓器の機能が低下していると、分泌される消化液の量が減ってしまうので、脂肪を上手に消化することができなくなります。
どうすればこのような状態を改善することができるのかというと、それは食事の際に脂っこいものを控えて食物繊維がたくさん含まれているものを積極的に摂取すると言うことです。
またアルコールが胃腸に負担をかけてしまうので、これらも控えるようにします。
粘りのある排泄物は臭いがきつくなることもあります。
それは腸内の悪玉菌の数が増えて腸内環境が悪化しているためです。
脂っぽい食事は悪玉菌の栄養源となっています。
腸内環境を整えるためには、善玉菌の栄養素である食物繊維やオリゴ糖をしっかりと摂取することが大切です。

スポンサーリンク