健康 便の色 緑色

健康な便の色は緑が必要であることについて

スポンサーリンク

健康な便の色は、黄色や黄金色と言われています。
黄色や黄金色であることは、腸内環境が善玉菌の量が優勢であり、腸内が弱酸性で保たれている状態です。
そのためには、善玉菌の元になる乳酸菌を多く含む乳酸飲料や食品を取り入れることが必要です。
また、食物繊維を多く含むと言われている緑色の野菜や根菜などを接種すると良い腸内環境を作ることができます。
緑色の野菜などを食事で取り入れたり、それらの成分が含まれている飲料なども健康な便を作ることができます。
また、便の色が緑色が多く含まれたものになることがあります。
乳幼児が多くこのような色になることがあります。
これは、野菜を過剰に摂取したりするとなります。
しかし、体の状態が悪いことではないので、食事をしたものの色が便に反映されているととらえることができます。
成人でも過剰に野菜を接種した場合は同様な状態が起きますが、体の状態が悪いことではないので心配をする必要はありません。

スポンサーリンク

健康な便の色は、黄色や黄金色であることであり、それらは腸内の状態が大きく関係しています。
しかし、乳酸菌や緑色の食物を摂取してもそのような色合いにならないこともあります。
1つ目は、残便がある場合です。
残便があると、腸内に便が残った状態になります。
元々腸内に残便がある場合は、それらが排出されることもあり、黒色の便となることがあります。
黒色の便は、固く水分を含んでいないことが多いです。
正常な状態の黄色や黄金色の便は、腸内の乳酸菌の関係もありますが、便が水分を含んでいるということもあります。
2つ目に、生活状態です。
食生活や睡眠や休息なども関係してきます。
食生活も肉や野菜を取り入れたバランスの良い食事であることが必要です。
また、1日に6から8時間程度の睡眠が確保されていることも必要です。
そして、休息する時間がとれているかも必要です。
全てのことが、大便にもつながっていると考えることができます。
健康な身体であるためにはこれらにも気を付けることが必要です。

スポンサーリンク