便 薬のような 臭い

便の薬のような臭いがする場合をはじめとする臭いの原因と対策は

スポンサーリンク

便に関しては健康な状態であると臭いがあまりなく、あまり力まなくてもするっと出すことが出来ます。
ですが、便のにおいが強かったり、固かすぎたり逆に柔らかすぎたりする場合、胃や大腸をはじめとする身体に異常がある場合があります。
例として、便から薬のような臭いがする場合、それは薬の摂取のしすぎが原因であることが多いです。
このような場合は医師の指導のもとでの薬の服用である場合は問題は一切ありません。
そして薬の服用をやめれば臭いは無くなるので大丈夫です。
重要視しなければいけないのは腐敗臭のようなきつい臭いのするものであったり刺激臭がするものであったりする場合であり、この場合ガンなどといった病気にかかっている可能性があります。
臭いを抑えて健康な生活を送るために、腸内環境を整える乳酸菌や食物繊維が多く含まれている食べ物を多めに摂取したり、肉や魚ばかりに偏り過ぎた食生活を見直し、毎日バランスの良い健康的な食事を摂るようにしましょう。

スポンサーリンク

色は少し黄色がかった茶色である場合が健康的なものであると言えます。
それ以外の色のものが出てくる場合、身体のどこかに異常がある場合があるので気を付けましょう。
茶色であっても色が濃すぎたり、薄すぎて黄色寄りになっている場合は摂取する食べ物が原因であることが多く、だいたいは食べ過ぎ・飲み過ぎであることが多いです。
緑色である場合は緑色の野菜の食べ過ぎであることも多く、これに関しては問題は無いのですがよくある場合が、緑色かつ水下痢状で出てきて、お腹が痛くなり、我慢するのも難しい状態である場合です。
この場合は胃腸炎である場合が多く、これは人に感染するものなので、すぐに病院に行きましょう。
色が黒っぽい場合、便が黒くなる原因は血液の色である場合が多く、この場合は胃潰瘍や胃がん、大腸がんなど消化器系の病気である場合が多いのでこの場合もすぐに病院に行きましょう。
このように色でも健康状態を把握することが出来ます。

スポンサーリンク