便臭い 変わった

便臭いが変わったときには

スポンサーリンク

食べたものを排泄すると言うことは生きている中で人間が行う当たり前のことです。
多くの人がほとんど毎日欠かさず行っていることです。
最近ではトイレの環境も整えられており、水洗式のトイレを見かけることが多く名手います。
したがって排泄物の状態を目で確認する機会も多くなっています。
また毎日の排泄物を見て健康管理をしているというような人もいます。
排泄物に関しては、毎日色や臭いが同じと言うことはありません。
これらは少しずつ変化しており、さまざまな要因によって状態が変化するようになっています。
したがって便臭いが変わったと感じる人もいますが、ここで臭いがきつくなったというようなことがあれば、そこにはしっかりとした理由があります。
それは食べ物がしっかりと消化吸収されて、腸の中で善玉菌によって発酵されると、臭いの少ない正常な排泄物になります。
しかしここで悪玉菌が腸の中で増えてしまうと、排泄物の状態が異なってきます。

スポンサーリンク

正常な排泄物を保つためには、規則正しい食生活を心がけることが大切です。
便臭いの原因は、次のようなものが考えられます。
それはまず咀嚼不足です。
食べ物をしっかりと噛まず火の無根でいると、食べ物が体の中で消化不良を起こして腸の中で腐敗してしまいます。
腐敗した食べ物は悪臭の原因となってしまいます。
したがってしっかりとよく噛むことが大切です。
またストレスも大きく関係しています。
人間はストレスを感じると胃などの消化器官に影響が出てきます。
胃にはペプシンという消化酵素がありますが、これがしっかりと分泌されなくなり、タンパク質が消化されずに腸へと運ばれるので腐敗してしまいます。
腸内環境が悪いと臭いの原因となってしまいます。
腸の中が汚れているとここには有害な悪玉菌がたくさん発生してしまいます。
タンパク質などを有害物質に作り替えてしまいアンモニアや硫化水素などの悪臭を発生させる原因となってしまいます。
したがって臭いの少ない便にするためにはしっかりとものをよく噛んで食事をし、ストレスを減らすと言うことが大切になります。

スポンサーリンク