うんこでわかる 病気

病気を心配する場合にはうんこでわかる

スポンサーリンク

うんこは食べた物や年齢、生活環境により様々な形や色、排便回数を挙げることができますが、腸に関する病気もうんこでわかるほどに健康のバロメーターとも言われています。
理想とするうんこは、濃すぎない黄色がかった茶色の色味をしており、バナナの太さと長さが理想とされる腸内環境の目安に位置付けられています。
特にうんこの色の違いによって、身体の臓器に関するトラブルを判断することが簡易的にできるため、トイレで用を足した後に色をチェックすることは隠れた病気を早期発見できる利点にも繋げられます。
理想的な茶色は胆汁から作り出されている色であり、胆汁は脂肪の消化酵素と混じり合って大腸へと流れるのですが、流れが悪くなることで理想となる茶色と異なる色へ変化する場合が挙げられています。
例えば、胆菅に胆石が詰まってしまい胆汁が排出されない場合を例とした場合、白っぽいうんこが出るため、対策としては早い段階で医療機関の受診が可能となります。

スポンサーリンク

さらに胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気を疑う場合、黒いタール状となるうんこでわかるのも特徴です。
黒い色は、胃などの消化管で出血が起こり、血液中の鉄分が胃液で酸化されたことによる色となるため、長く続く場合には早めの検査を受けることが大切です。
また、健康な方の中にも肉類や薬の服用などの影響によって茶色以外の色でうんこが排出される場合もあるため、様子を観察することも必要な対策の1つです。
またうんこでわかる腸内環境の良し悪しとなるのが硬さにもあり、軟便や下痢などはウイルスなどの細菌による症状であり、便秘が続き、水分量が極端に少ない硬いうんこの場合には悪玉菌が優位に活動しているため、腸をキレイにする腸活をスタートさせることで問題を解決させることができます。
腸が元気に活動することにより、発ガン性物質や老廃物などによるトラブルや病気を抑制することが可能であり、老若男女問わず、腸から健康へと繋げることができます。

スポンサーリンク