便 ヨーグルト臭

便がヨーグルト臭になる原因

スポンサーリンク

便の臭いの原因は腸内細菌のバランスによるもので、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が多い場合はヨーグルト臭のように酸っぱい臭がして、逆に悪玉菌が多い場合は腐敗臭がします。
善玉菌が多いのは特に赤ちゃんで、腸内に乳酸菌が多いため悪臭はしません。
大人になるにつれ、色々な物を食べますので、腸内に悪玉菌が増殖している場合もあります。
特に高脂肪高タンパクな食事は悪玉菌を増やす役割をしていますので、そのような食事を取り過ぎると腐敗臭などの悪臭のする便が出ることがあります。
乳酸菌やビフィズス菌を摂って腸内の善玉菌を増やしたいと思った時は、オリゴ糖を接種するのが良いでしょう。
ヨーグルトにも乳酸菌やビフィズス菌が入っていますが、体に入ってから腸に届くまでの間に殆どの菌が消化吸収されてしまうので、腸内細菌への効果はあまり期待できません。
しかしオリゴ糖なら腸内酵素に分解されにくい性質を持っているので菌を大腸まで届けることが出来ます。
腸内に元々いる乳酸菌やビフィズス菌にも栄養を与え腸内環境が整いますので、臭くない便が出るばかりか宿便も解消されます。

スポンサーリンク

気になる臭いは悪玉菌優勢の際の悪臭です。
そもそも便の原料となるのは食べ物のかすや体の老廃物、油分や食物繊維などで構成されていますので、元々は臭いのする物質ではないのですが、それに悪玉菌が作用し、腐敗させることで悪臭を発生させます。
この原理は生ごみなどが腐る原理と同じです。
元々の食品は臭くないのですが、菌によって腐敗させられて初めて悪臭が出てきます。
生ゴミであれば捨ててしまえばそれで良いのですが、体内に腐敗したものがあるということは、排泄物が臭いだけではなく、体臭にも影響を及ぼすので危険です。
なぜかというと、腐敗によって発生した有害物質が血管を通して体全体を巡るためです。
体全体に悪臭を発する有害物質が行きわたり、汗と一緒に毛穴から臭いが出てしまうこともあります。
汗と一緒に出る場合は毛穴にも有害物質が触れるので肌荒れも起こします。
いくら体の表面だけ清潔に保っても、体の中が汚れた状態だと、キレイを保つのは難しいのです。
悪臭を出さないためにも、善玉菌を増やすように日々心がけましょう。

スポンサーリンク