粘りうんち 原因

粘りうんちの原因について

スポンサーリンク

人間は毎日食事をするので、これらが消化された後に排泄を行う必要があります。
したがってトイレに行って排泄をしますが、このときに便器に便が付いてしまうことがあります。
便が便器について流れないと言うことがありますが、それは粘りうんちが原因となっています。
またおしりを拭くときにもなかなかきれいにすることができず、トイレットペーパーをたくさん使わなければいけないと言うこともあります。
なぜこのような状態になってしまうのかが気になりますが、そこには原因があります。
それは便の中にたくさんの脂肪が含まれているからなのです。
たとえば食事の中で肉など脂っこいものをたくさん摂取したというようなときには、粘りのある便になってしまいます。
体の中にたくさんの脂肪が入ってくるので、それらを上手に消化しきれずに便として排出された結果となっています。
したがって改善するためには、肉ばかりではなく野菜を中心とした食事を心がけるようにします。

スポンサーリンク

便が便器にこびり付いてしまうと、外でトイレに行くのが恥ずかしくなります。
掃除をすることもできないので、公衆トイレでは次に並んでいる人がいると困ってしまいます。
トイレットペーパー緒を強いてから排便するというような方法もありますが、これも毎回となると面倒です。
したがって自分でできることと言えば食生活を見直すことになります。
対策としては脂っぽい食事を控えて野菜や海藻などの食物繊維をたくさん含んだ食べ物を摂取すると言うことです。
胃腸に負担をかけるような刺激の強いものやアルコールなども控えるようにします。
粘りうんちの状態になっているときには、腸の中の善玉菌が減少し、悪玉菌が増加している可能性が高くなります。
したがって腸内環境が悪化しています。
悪玉菌は脂っぽい食事を好みます。
これが栄養源となるので、便から強いにおいがしたり下痢になったりかたくなったりというような状態になります。
肌荒れや倦怠感など体調にも影響が出てくるので改善することが大切です。

スポンサーリンク