大便 黄色い 正常

正常大便は黄色い色であることや状態について

スポンサーリンク

正常な大便の色は、黄色いものから茶褐色な黄色い色合いであることが分かっています。
大便の色は、腸内の状態を示しているものです。
腸内が正常な状態に保たれていると、そのような色合いの便が排出されます。
人間の腸内には善玉菌の乳酸菌がおり、善玉菌が優勢で弱酸性状態に保たれていることが良い腸内環境です。
悪玉菌が増殖すると、腐敗物質が増加し、アルカリ性優位になると便は黒色になります。
そのため、正常な弱酸性状態で保たれているためには、乳酸菌を乳酸飲料や食品などから積極的に取り入れることが大切です。
特に乳酸菌が腸内まで届くヨーグルトや腸内の乳酸菌を活性化させるオリゴ糖などは良いとされています。
また、食物繊維が豊富な野菜や根菜を積極的にとることで腸内の状態を整えることができます。
これらの食事や飲料類などで通常の食生活では不足しがちな乳酸菌を取り入れることが、良い大便を排出するために大切なことであり、心がけていくことです。

スポンサーリンク

大便の色では、黄色いものが良い状態です。
しかし、通常に排便の回数があり、排出がされている人でも注意しなくてはならないことがあります。
1つ目に便の量です。
排便があるということは良いことですが、排便の量を重要視することが必要です。
1日に取り入れた食事の量に対して便の量が多いか少ないか判断することです。
食事の量に対して少ない場合は、全て排出しきれていないので注意しなくてはいけません。
腸内に残便があると、積み重なっていくと便秘や大きな病につながることがあります。
残便がないように、便の量にも目を向けていくことが必要です。
2つ目に黄色で白色が混じっている便です。
白色の便はウイルスが含まれている可能性があるので、注意することが必要です。
また、胃腸薬などの副作用で白色の便が混ざることがあるので、薬の服薬の量なども注意しなくてはいけません。
このように、便の色や状態で、体内の健康状態を知ることやチェックすることができます。

スポンサーリンク