正常な便 色

正常な便の色や状態から健康な体作りをする

スポンサーリンク

正常な便というのは、便の色や状態を見ると判断することができます。
正常な便は、黄金から茶の色をしているもので、さらにバナナの様な太さで長いものが良いとされています。
この様な状態の便は、直腸からするりと出てきた便であり、直腸の中に残便がないと分かります。
残便があると、腹痛や体調不良につながります。
また、程良い水分を含んでいる状態であるので、黄金や茶系であることが分かります。
腸内に、乳酸菌が多く弱酸性に保たれていると、そのような色合いになります。
腸内が酸性になると黄、アルカリ性になると黒ずんだ便になります。
腸内の酸性やアルカリ性がちょうどよい状態に保たれていることが正常な便の状態に必要です。
元々、人間の腸内には乳酸菌がありますが、加齢に伴いそれらは減少してくるので、高齢者などは積極的に乳酸飲料や食品などで乳酸菌を取り入れ、腸内環境を整えることが大切です。
便の状態を確認することで、現在の自分の体調や健康状態が分かります。

スポンサーリンク

正常な便の状態や色であるためには、腸内環境に善玉菌である乳酸菌があることが必要です。
そのためには、積極的に乳酸飲料や食品などから乳酸菌を取り入れ、良い腸内環境を作ることが大切です。
しかし、便は腸内環境だけでなく、さまざまな事から影響を受けやすいです。
1つ目にストレスです。
ストレスが大量にあると、胃腸などに大きな影響があり、排便の回数や状態にもつながります。
ストレスにより、腸内環境が乱れ、正常な状態の便を排出することや作ることができないことがあります。
正常な便の排出がされないと、様々な身体部位に不具合が生じてきます。
腹痛や肌荒れなどにつながります。
そのため、ストレスを緩和させるように工夫することが大切です。
ストレス解消となることを自分なりに見つけ、ストレスを抱え込まないようにすることが良いです。
2つ目に食生活です。
肉中心になりがちな食生活の中に、野菜を積極的に取り入れることで正常な状態の便を作ることができます。

スポンサーリンク