大便の形 種類

大便の形の種類について

スポンサーリンク

大便の形の種類についてですが、健康な心身状態の便の状態は、バナナの様な直線上であることが多いです。
水分を程良く含み、表面が滑らかであることも健康な状態であるとされています。
大便は、心身状態を表す1つのものなので、排便の際に目を向けることが大切です。
健康である状態は、便の色は黄色や黄金色であることが良く、形や状態はバナナの様な状態であることが良いです。
直腸からするりと排出されたようなバナナ状態のものが良いとされています。
そのような状態であると、腸内に残便がないことを示しています。
大便の形としては、小さな丸い球体のものがコロコロとあることもあります。
これらは、水分不足である際に起こり、便の状態は固いです。
このような便は含む水分量が、60パーセント以下であるとこのような状態になります。
また、泥状や水状であることもあります。
これらは水分が多すぎることであり、下痢などの場合が多いです。
水分を90パーセント以上含みます。

スポンサーリンク

大便の形や種類で、自分の健康状態を知ることができます。
不健康であるのは、コロコロ状態のものや泥状や水状のものです。
水分の摂取量や食事の内容や成分などについて考える必要があります。
健康な大便の状態である、バナナ状の便にするには、適度に水分を含み黄色であることが大切です。
そのためには、腸内の環境を弱酸性に保つ必要があります。
また、心身ともに健康であることも必要です。
1つ目に、腸内にある善玉菌が優勢となるように乳酸菌を適度に取り入れることです。
現在では、ヨーグルトや乳酸飲料などが多く発売されています。
食事では取り入れないものをそのような形で接種することが大切です。
2つ目に、睡眠です。
人は1日に約6時間から8時間程の睡眠を必要とします。
睡眠不足であると、1日の活動に対する休息がされず体が休まりません。
休息の時間を適度に持つことでストレスをためない、心や体を保つことができます。
健康な便となるためには、これらのことに気を付けることが大切です。

スポンサーリンク