妊婦 便 臭い

妊婦の便の臭いについて

スポンサーリンク

妊娠することによって女性はさまざまな体の変化を感じるようになっています。
またお腹が大きくなることによってさまざまな悩みも発生してきます。
とくに排泄に関しては非常に困難になると感じている人がたくさんいます。
最近便が臭いと感じている人もいますが、このような悩みを抱えている人がたくさんいます。
妊婦はホルモンの変化や腸が圧迫されることによって排泄が困難になってしまいます。
これによってしっかりと排泄をすることができなくなり、これがにおいの原因となってしまいます。
したがってこのような状態を改善するためには、しっかりと腸内環境を整えると言うことが大切です。
そして排泄物が腸の中にたまりにくい環境にすることが大切になります。
なぜこのように排泄が困難になってしまうのかというと、そこには次のような理由があります。
妊娠すると体の中でプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されるようになっています。
このホルモンには腸の働きを抑制するという作用があります。

スポンサーリンク

妊娠するとホルモンバランスも変化します。
このバランスの変化によって神経伝達を上手に行うことができず、排泄が滞りやすくなるとも考えられています。
出産が近づくとお腹の中で胎児が大きくなります。
その結果子宮が腸を圧迫してしまいます。
そして腸の幅が狭くなって排泄が困難になります。
排泄がスムーズに行えなくなると、食べたものが腸の中で腐ってしまい、強い酸性になってしまいます。
便が臭いと感じることがありますが、その原因は酸性になっているところにあります。
妊娠していると言うことで薬をのむのが不安と感じている人もいますが、このようなときに改善する方法として善玉菌を増やすという方法があります。
それは腸の中に乳酸菌を取りれるという方法です。
ヨーグルトやチーズなど発酵食品の中にたくさん含まれています。
妊婦はカルシウムもたくさん摂取しなければいけないので、ヨーグルトやチーズは最適な食品です。
これらの食品を積極的に取り入れると改善することができます。

スポンサーリンク