便 どぶ臭い

どぶ臭い便の原因について

スポンサーリンク

どぶ臭い便の原因は、ジメチルサルファイドという物質が原因と言われていますが、それは何かが腐敗したときに生じるニオイです。
何らかの原因から腸内環境が悪化し、摂取した食物の腐敗が進み、悪玉菌が増えるときに生じる、強いニオイの中には、様々な物質が含まれておりますが、ニオイというものは、本人の嗅覚と、周囲のニオイの混合物ですので、人の嗅覚によっては、どぶ臭いニオイを強く察知してしまうケースがあると言えるでしょう。
そのような場合も、他の便のニオイの場合と同様に、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品を摂取することで、改善が見込まれます。
それでも改善しない場合は、悪玉菌が慢性化している可能性があります。
その場合は、腸内に腐敗した有害物質が、腸壁から吸収されて、血液を通して全身へと流れますので、当然体臭が強くなることになります。
その場合は、専門機関の診察を受けたり、より積極的な腸内環境の改善へと取り組む必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

腸内環境の悪化が、悪玉菌増殖によって慢性化した場合、体臭がするようになると言われていますが、悪玉菌が慢性化した腸内環境を改善するためには、食生活を根本的に改善する必要があるでしょう。
油っこい食事や肉食を控え、玄米菜食中心の生活に、乳酸菌食品を取り入れ、水をこまめに摂取するのが良いでしょう。
気持ちの良い汗をかくような運動を行って、基礎代謝を上げることで、便通が良くなりますので、便通が良くなることで、悪玉菌が増殖する前に便を排泄することが可能となります。
そうすることで、長期的には、血液の質が改善されていきますので、体臭も減らすことが出来るでしょう。
なお体臭の強い人の多くは、持って生まれた体質の人を除いては、強いストレスを感じている人がほとんどであり、一部の人は病気の前触れと言われています。
いずれにせよ、ほとんどの人は、健康状態をはかるためのバロメータとして、自分のニオイを上手に利用することが必要といえるでしょう。

スポンサーリンク