下痢 臭くない

臭くない下痢について

スポンサーリンク

臭くない下痢についての考察です。
下痢の主な原因は2種類あります。
まず1つ目は、腸内の腐敗が進んでいる場合、2つ目は、食べすぎです。
腸内の腐敗が進んでいる場合については、腸内の善玉菌を増やすことによって、腸内環境の改善をすることで、下痢の症状を改善することが出来ます。
また、食べすぎが原因の場合は、単純に食べすぎをやめることで改善します。
食べ過ぎると、水分が多い状態の食べ物を、すぐに体外へと排出する必要性に、腸内が迫られるため、下痢となってしまいます。
後者の場合は、悪玉菌とは関係ない場合もありますので、便臭については少ない場合も考えられます。
また当然のことかもしれませんが、水分を取りすぎた場合や、お腹を冷やした場合、自律神経が乱れることによって、便が柔らかくなると言われていますが、その場合も悪臭の直接的な原因とはなりません。
つまり、腸内で腐敗しないくらいスピーディに、体外へ排出された便は、臭わないということが言えるでしょう。

スポンサーリンク

下痢に限らずとも、便臭というものは、ない方がより健康的ですし、便の状態というものが、病気の早期発見に繋がることも多々ありますので、なるべくであれば、日常的にニオイと便の状態チェックをすることで、腸内環境ひいては健康状態のバロメータとすることをお勧めいたします。
現代はストレス社会ですので、学生、社会人問わず、多くの人がストレスを抱えて生活しています。
その中で、深酒をして生活習慣を乱したりすることが状態化してしまうと、少しずつ自律神経が乱れていき、気づけば大きな心身の不調を招くということも十分にありえます。
そうならないためには、日ごろから、ストレス解消のための努力をしたり、意識的に健康的な生活を心がけるということが大切になってくると言えるでしょう。
前述しましたが、その一つとして、便臭・体臭や、排泄物の状態をチェックする習慣を身につけることで、健康的な生活のバロメータとしてみるのも、一つ効果的な方法と言えるでしょう。

スポンサーリンク