酸っぱい匂い うんち

酸っぱい匂いのうんちについて

スポンサーリンク

毎日人間の体から排泄される便に関しては、健康のバロメーターと言っても過言ではありません。
それは便の形や色を観察することで、健康状態が分かるとされているからです。
ここできになるのが匂いに関してです。
基本的に便は臭いというのが当たり前です。
しかしその臭さの中にも種類があります。
健康的な便でも匂いがあります。
健康的なうんちは酸っぱい匂いがします。
具体的にはキュウリなどの漬け物のような匂いです。
したがってトイレに行くときには、排泄をした後に便の色や状態だけではなくしっかりと匂いの確認も行うと、健康的な生活を過ごすことができます。
また健康的な便の状態は他にもあります。
それはバナナのような形をした黄色っぽい状態です。
ここに加えて酸っぱい匂いがあることがポイントです。
健康的な便が毎日排泄されていると言うことは、腸内環境が整っていると言うことです。
すなわち善玉菌がしっかりと働いている状態です。
しかし環境が悪くなると悪玉菌が増えてしまいます。

スポンサーリンク

悪玉菌の量を減らし善玉菌を増やすためには、ヨーグルトなど乳酸菌をたくさん含んでいるものを積極的に摂取します。
善玉菌を増やすためにはヨーグルトはおすすめです。
ヨーグルトの中には善玉菌の働きをサポートしてくれる乳酸菌がたくさん含まれています。
乳酸菌の働きは、腸の環境を最適な状態に整えると言うことです。
食事だけでは摂取することができないという人は、サプリメントなどを上手に活用するようにします。
このほかに野菜や穀物なども善玉菌を増やしてくれます。
普段のメニューの中にたくさん取り入れるようにします。
逆に脂っこいものや二区などは悪玉菌を増やす要素となってしまいます。
これらは悪玉菌の栄養源となっているので、たくさん取りすぎると悪玉菌が増殖する原因となってしまいます。
黒くて匂いがきついような便は腸内環境が悪化している証拠なので、気になる場合には病院で検査を受けるようにします。
腸は人間の体で免疫力の60%から70%を占める非常に大切なところです。

スポンサーリンク