うんち アンモニア臭

うんちのアンモニア臭について

スポンサーリンク

うんちのアンモニア臭について考察いたします。
便は悪臭の代名詞とも言える存在ですが、意外なことに、赤ちゃんの便はにおいがしないのです。
赤ちゃんは体臭も不快ではなく、独特の良い匂いがします。
その理由は、体内の善玉菌の割合です。
赤ちゃんの割合は、腸内の善玉菌が9割を占めると言われており、そのために体臭や便臭がないとされています。
大人になるにつれて、日々のストレスや、食事、内臓機能の低下など、様々な原因が重なることで、腸内の悪玉菌が増殖し、その結果として悪臭を放つことになると言われています。
体臭や便臭などの悪臭を解消するためには、まず健康的な生活を心がけることが第一ですが、その中で積極的に腸内環境の改善に取り組む必要があると言えるでしょう。
腸内環境の改善のためには、ストレスを溜めない生活と食事の内容が非常に大切になってきます。
次項では、ストレス解消の具体的な方法と、効果的な食事についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

腸内環境改善のためには、ストレス解消と、適切な食事が大切という話をしましたが、本項ではその具体的な方法等についてご紹介いたします。
まずはストレス解消について、その具体的な方法をご紹介いたします。
ストレスは様々な要因が折り重なることで、大きな心身の不調へと繋がりますが、一つ一つのストレスは決して大きなものとは限りません。
人生を揺るがすような事象についてのストレスは、専門的に解消する必要がありますが、日々の環境や生活態度から来るストレスについては、こまめに意識して、解消していくことが必要です。
例えば、環境ストレスについては、騒音や、空気の汚れもストレスになりますし、身体のゆがみや、運動不足、寝不足、なども、積み重なれば大きなストレスとなります。
小さなストレスを見逃さず、積極的に快適さを求めることと、自分が何にストレスを感じやすいのか見極めて、上手に対処する術を覚えるのも必要なことです。
また食事に関しては、肉食を減らし、野菜や果物の食物繊維を積極的に摂取する必要があります。
またアルコールは適量に抑え、タバコなども止めることで、体臭や便臭の根本的な改善へと繋がることでしょう。

スポンサーリンク