便 臭い 成分

便の臭いの成分について

スポンサーリンク

排泄物の臭いはトイレから出るときにとても気になります。
公衆トイレを使うときには、次に使う人のことが気になります。
しかし排泄物に関してはいつも同じ状態ではありません。
日によって臭いや色や状態が異なっているというようなことがあります。
それは人間の体調や腸内環境が大きく関係しているからです。
そこで気になるのが排泄物のにおいですが、どのようなものが関係しているかです。
便臭の成分は次のようなものとなっています。
メチルメルカプタンやインドールやスカトールなどになります。
これらの成分が大きく関係しているとされていますが、基本的に腸内の食べ物ににおいはないとされています。
無臭となっていますが、これが腸内細菌による分解を受けて腐敗臭が発生するようになっています。
これが臭いの原因となっています。
一つ一つの成分に関してですが、メチルメルカプタンはメタンチオールのことになります。
これは無職の気体で、においの特長はキャベツが腐ったときのような感じで差ゥ。

スポンサーリンク

また排泄物だけではなく講習やおならのにおいにも含まれているという特長があります。
インドールに関してですが、これは少し変わった成分となっています。
本来は便臭の成分ではなく、濃度が低いときには花のような香りがするほどです。
その証拠にオレンジやジャスミンなどの花の香りはインドールとなっています。
スカトールに関しては、インドールと同じように低い濃度の状態では花の香りになります。
トロピカルフルーツの中にも含まれているものとなります。
ほ乳類の排泄物の中にも含まれています。
消化器官の中でトリプトファンから合成されるようになっています。
このようにいくつかのものがありますが、これらは腸内環境が悪くなると発生するようになっています。
本来は腸内の食べ物にはにおいがないということなので、ここに腸内細菌の作用が加わることで便臭へと変化します。
これを少しでも改善するためには、腸内環境を良くして、少しでも食べ物が腸内に残らないようにすることが大切となります。

スポンサーリンク