下痢がなぜ臭いに着目した、対処法とは!

下痢がなぜ臭いのかに着目した対策

スポンサーリンク

健全な方の便の特徴は70%程度となる水分量の粘度便ですが、下痢の症状である軟便の場合にはその水分量も90%以上となり、水に近い状態の便が排出されるのが特徴となります。
下痢は腸の運動が過敏となり、消化物の通過速度が早まり、腸内で水分が吸収されることなく排出されるため、ゆるい便となります。
その原因として挙げられるのがウイルスや細菌などによる胃腸炎で、体内で防御機能が働くことにより、異物を早く外に出すためにゆるい便が排出されます。
しかしながら、風邪やインフルエンザ、食あたり以外にもストレスなどの過敏性腸症候群も原因の1つに挙げられており、腸がデリケートであったり、緊張や不安感によって腸の動きが活性化してゆるい便に繋がります。
また下痢症状の場合になぜ臭いのか、そのメカニズムも注目されており、腸内の腐敗菌が多いことが臭い便へと結びついています。
腐敗菌が多いことは軟便にも繋がりやすく、悪臭の原因でもあり、腸内環境のバロメーターの役割も挙げることができます。

スポンサーリンク

特に悪臭はタンパク質の質がポイントとなり、大腸に入ってくるまでに消化されることによってニオイ自体が少なくなります。
食事によって吸収されるタンパク質は腸内で分解されますが、腸内細菌の影響によって悪臭を発生させる物質が作られてしまいます。
いわゆる腐敗物質であり、これからを発生させる腸内細菌のエサとなるのが肉類やジャンクフードとなるタンパク質です。
細菌として腸内で悪影響を与えるのが悪玉菌であり、悪玉菌は腸内を刺激して環境を阻害させ、下痢の原因となる腐敗菌を味方につけることで軟便と同時に悪臭を放出させます。
対策としては善玉菌を増やすことが挙げられており、乳酸菌を多く含む発酵食品をメインとしたバランスの取れた食生活や、心身的に軟便に繋がってしまうストレスを溜め込まないライフスタイルを保つことによって、善玉菌の活動を飛躍的に高めることに繋げられます。
腸内環境が改善されることにより、臭わない便が自然と排出されます。

スポンサーリンク