便 黒い 臭い 下痢

黒い下痢状の便と臭いについて

スポンサーリンク

人間は毎日生活をしている中で食事をしたリス意味人をしたりということを繰り返しています。
そのなかでストレスを感じることもありますが、これが体のあちこちにさまざまな症状として出てくることがあります。
排泄物は健康を確認するための一つの確認項目となっていますが、そのときに便の色や状態や硬さなどを確認することができます。
腹痛を感じるときにはげ地になることもありますが、このときの色が黒いと感じることがあります。
いつもとは違う状態の排泄物ということで、大きな病気が隠されているのではないかと心配になります。
このような状態の排泄物を確認したときには気をつけなければいけない3つの病気があります。
そこで考えられるのが、胃から出血をしていたり血液が酸化されていなかったり、食べ物の色素や酸化が関係していると言うことがあります。
しかし貧血を伴っていると言うときには注意が必要です。
貧血は血液が薄くなった状態です。
そして黒い排泄物は消化管からの出血が考えられます。

スポンサーリンク

すなわち胃からの出血量が多いと貧血になり、炎症で出血が続く土地の中のヘモグロビンが排泄物となって出てきます。
そして体の外に排出されるまでの時間にこの血液が酸化されて色が黒くなります。
このような状態をタール便と呼んでいます。
ここで考えられる病気は胃潰瘍であったり十二指腸潰瘍や胃炎になります。
下痢を伴っていると言うことで強い臭いを感じることもあります。
胃炎の場合には暴飲暴食や胃酸の出過ぎが考えられます。
胃潰瘍はストレスが大きく関わっている病気となっています。
この場合食後30分から1時間でお腹の上に痛みを感じることがあります。
食道動脈瘤の可能性もありますが、この場合胃の粘膜を流れている静脈がこぶのようにふくらんだ状態です。
しかし病気以外に黒い食べ物を食べても下痢になります。
これは体の中で上手に消化をすることができずに混ざって出てくる食べ物の一部となります。
コーヒーや紫の野菜ジュース、貧血の薬をのんでいるというようなときに黒い下痢状の便が出ることがあります。
自分に当てはまるものを考えて、体に何か不調があるときには病院を受診するようにします。

スポンサーリンク